Raised bed garden 畑拡張

8/5/2018 We decided to expand our gardening area and Rich made 2 more raised bed garden. Those are mainly for next summer though we are going to try some fall vegetables. We don’t know what to expect so we use some of the leftover seeds from spring that can be used for fall. Spinach, Bunching green onion, Burdock and Beet.

2018年8月5日 家庭菜園が順調なので畑のスペースを増やすことにしました。リッチ君から、来年は2倍にしようしよう!!と猛烈プッシュを受けて、最終的に私が折れた感じです(笑)畑仕事の役割分担として、リッチ君は灌水装置やフェンスの取り付け、堆肥づくりなどメインテナンス担当。野菜のお世話自体は私が担当しています。今年やってみて学んだことは、何だかんだ毎日何かしらのお手入れが必要だということ。畑仕事は楽しいけど結構大変だということも身をもって感じました。なので、畑が2倍になったら、、、正直出来切れるのかが心配なところです。とりあえず箱の1つを秋用に使うことにしました。春に買った種で秋用としても使えるものがあったので、ほうれん草、長葱、牛蒡、ビーツを作ることにしました。ちゃんとできるといいなぁ。

余談ですが、この界隈では家庭菜園をやっているひとが結構います。友人、知人と話していると必ずと言ってもいいほど庭の話になって、何を作っているのかはもちろん、野生動物からどうやって野菜を守るかの話になります。鹿、ウサギ、ウッドチャックという巨大なモルモットなどが主な荒らし屋さん達で、彼らから野菜を守るためにフェンスをつけるのは必須。ほとんどの人が荒らしの被害にあったことがあるため、鉄でできたフェンスを使っていたり、鹿が飛び込んでこないようにフェンスの高さを2m以上にしているという話を良く聞きます。で、我が家のフェンスはというと、、、網状のプラスチック製(硬め)のもので高さは150cm程度。他の人たちに比べるととてもシンプルです。鹿もウサギもチャックも毎日見かけるけど幸い荒らされていません。逆になんで荒らされないんだろう?って話になった時に皆に言われたことは、家の周りに農家さんが多いことと、うちの畑の大きさ。箱自体は1.2m x 3mと小振りだし幅が細いので、鹿が飛び込んだとしても狭すぎて身動きがとれなくなってしまうと思っているんではないかということでした。なるほどー。鹿がどれだけ頭が良いのかわかりませんが、、、言われたことが本当なら鹿はフェンスの中に入ってこないはず。と話が長くなりましたが、まさか自分が家庭菜園についてこんなにディープな話をするようになるとは、、、と思った日でした。


These are the new ones. 新しい箱たち。ダンボール敷いて(以後、下に植わっている芝が伸びないように)、芝刈り後の芝と次は土を投入予定。


Rich is assembling the pieces in the rain. We made some space between the existing ones and new ones for working/walking space and lawn mower. 組み立て中。既にある畑との間に少しスペースをとりました。野菜のお世話をするのにアクセスが必要なのと、芝刈り機が通れるようにしておくためです。


Just planted seeds. とりあえず種をまきました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s